賢治さんの誕生日に豊沢川開通

本日、8月27日は宮沢賢治さんの誕生日です。

賢治さんの作品にはよく豊沢川が出現します。

「なめとこ山の熊」、「風の又三郎」に出てくる、川やさいかち渕は、賢治さんが幼少時代に触れ合った自然を象徴しています。

花巻の新しい観光スポット

豊沢川の下流に位置する豊沢橋は老朽化により2014年10月から通行止めとなり、新しい豊沢橋が誕生するまで4年を要しました。

豊沢橋完成

開通した新しい豊沢橋

本日は豊沢橋開通日。車道、歩道とも道幅が広くなり、走行・歩行がしやすくなりました。

道幅が広い橋

以前より道幅が広がりました。

親柱に賢治さんのモニュメント

豊沢橋が工事中だった期間、車は遠回りを強いられ、大変不便を感じていました。

そのような訳で、新しい豊沢川が披露される日を花巻市民は待ち焦がれ、ついに賢治さんの誕生日に披露されることとなりました。

4つの親柱(おやばしら)には、賢治さんの作品に関するモニュメントが設置されました。

銀河鉄道の夜

モニュメントのひとつ目、「銀河鉄道の夜」は、映画にもなった著名な作品のひとつです。

銀河鉄道の夜

童話 銀河鉄道の夜の一節

親柱

対角線の親柱にも同じモニュメントが設置されています。

銀河系のイメージ

銀河系を走る夢の蒸気機関車が描かれています。

私も釜石線を走行するSL銀河に乗車しました。

素朴さ、花巻を象徴するかのような銀河鉄道です。

蒸気機関車

なんとなく、グリコのおまけを思い出しました。

雨ニモマケズと羅須地人協会

「雨ニモマケズ」は最も知られている賢治さんの詩です。

親柱

雨ニモマケズと羅須地人協会のモニュメント

雨ニモマケズ

雨に濡れて、まさに「雨ニモマケズ」です。

「下ノ畑ニ居リマス 賢治」が象徴的な羅須地人協会。

羅須地人協会

現在は花巻農業高校敷地内にある羅須地人協会をイメージ

こちらは本当の羅須地人協会、「下ノ畑ニオ居リマス 賢治」。

羅須地人協会

羅須地人協会は花巻農業高等学校の敷地内にあります。

花巻市内には賢治さんのモニュメントがたくさんあります。

一部を紹介します。

さいかち渕

書籍をイメージしたモニュメントに「さいかち渕」の一節が彫られています。

ぎんどろ公園

賢治さんがかつて教壇に立った花巻農学校の跡地にぎんどろ公園はあります。

銀河鉄道の夜 牛乳瓶と各砂糖

ジョパンニが購入した角砂糖を病人のお母さんのために牛乳に入れたシーン

テレビのニュースでは新しい観光スポットの登場とコメントしていましたが、市街地と同化した賢治さんを寵愛する花巻市民誇りのモニュメントと言えるでしょう。

花巻市豊沢町いずみさわ米穀店

 

Follow me!