花巻観光の見所と移動方法

私が作成している花巻に関するサイトが他にもあります。

花巻の観光に関する問い合わせに回答。

以下が問い合わせの内容です。

9月〇〇日に佳松園に女性6名で一泊の予定です。新花巻駅にお昼頃到着します。それから食事と3時間程、翌日は9時から3時間程の観光をする場合の見処と移動の方法を教えていただきたいと思います。宜しくお願いいたします。

花巻の観光に関するサイトを公開している私としては自分の知識の確認にもなります。以下回答内容です。

はじめまして。
お問い合わせの件、詳細とまではいきませんが、回答させていただきます。
文面から察して、東京方面から11時54分、新花巻駅着と判断させていただき、いくつか提案させていただきます。

1「どんぐりと山猫号」を利用する

新花巻周辺には、残念ですがおすすめの食事処がありません。

近くに山猫軒新花巻駅前店がありますが、同じ山猫軒でしたら宮沢賢治記念館前店のほうがよろしいと思います。

新花巻駅に到着したら、まずタクシー2台で、そば処「なめとこ山」まで移動してください。

なめとこ山は、そばが美味しく雰囲気も個性的でおすすめです。

料金は少し高めとなりますが、季節の天ぷらもいただけば満足感は高いと思います。

そば処なめとこ山

そば処なめとこ山はレトロな郵便ポストが目印。そばの画像は美味しすぎてシャッターを押すのが遅れ、半端なそばの量です。

食事が終わったら、12時40分にタクシーが迎えに来るよう(早目に)、お店の方にタクシーを依頼してください。

新花巻駅まで1台で2往復でもいいでしょうかと聞かれる場合もありますが、約3分で着くので大丈夫です。ちなみにタクシー代は1台760円ほどです。

13時に新花巻駅から「どんぐりと山猫号」という乗り合いレトロタクシーが出ます(午後コース)。一人2,000円で入館料も含まれているお得なプランです。

「宮沢賢治記念館」と「早池峰と賢治の展示館」はおすすめです。

宮沢賢治記念館

宮沢賢治記念館の正面に位置する猫の事務所のキャラクターが出迎えてくれます。

石川旅館

早池峰と賢治の展示館内。賢治さんが頻繁に宿泊した石川旅館を再現。

以下が申し込み公式サイトですが、運行日が過ぎている表示の場合は電話で確認、申し込まれ方がよろしいです。運行継続中のはずです。

佳松園到着が17時30分前後とやや遅くなってしまうのが難点でしょうか。

佳松園はお風呂が自慢であり、私も何度か入浴しています。できれば早目のチェックインでトロトロ風呂を体験していただきたいです。

佳松園を除く花巻温泉の他のホテル(ホテル花巻、ホテル紅葉館、ホテル千秋閣)は、はしご入浴ができますが、佳松園一箇所で入浴されるほうが満足感が高いです。

ちなみに料理も洗練された食材を使用、内陸の花巻ですが、海のもの山のものどちらも楽しめる内容となっています。

翌日はどんぐりと山猫午前コースのご利用をおすすめしますが、おそらく佳松園の迎えが8時30分頃だと思われますので、ご希望の時刻に沿えますでしょうか。

レトロタクシー

どんぐりと山猫号で使用されるレトロタクシー

「どんぐりと山猫」はお安く主な観光スポットを回れる素晴らしい企画ですが(行政から補助金が出る)、コースと時刻が決まっていて、短所としては見学施設や時間的融通が利きません。予約は花巻観光協会が窓口となります(上記)。

2  花巻温泉の送迎バスを利用する

新花巻駅に到着後、タクシー2台で移動、宮澤賢治記念館近くのレストラン「山猫軒」で昼食をとりましょう。岩手名物「ひっつみ」や花巻名産「白金豚」、「ほろほろ鳥」などがいただけます。

新花巻駅から山猫軒までタクシー料金840円ほどです。

食事後、隣の宮沢賢治記念館を見学しましょう。賢治さんの資料が最も充実している施設です。

ポランの広場南斜花壇

ポランの広場内にある南斜花壇。緑の季節と紅葉の季節です。

見学後、徒歩で坂を下り、南斜花壇と日時計花壇を見ながらイーハトーブ館へ移動。

イーハトーブ館は賢治さん作品の動画が大画面で見られるなど、賢治さんをもっと知りたい人のための施設がコンセプトです(無料)。

イーハトーブ館

イーハトーブ館。賢治さんに関する貴重な資料、特に東北砕石工場時代の数少ない資料が展示されています。

その後、徒歩で宮沢賢治童話村へ移動。童話村の前に近くのこけし工房、裂き織り工房、花巻傘工房を見学するのもいいと思います。

以上は全て徒歩での移動が可能です。

童話村見学後は、童話村から新花巻駅までタクシーで移動。

新花巻駅から花巻温泉佳松園までの送迎バスを利用しましょう(要予約)。

15時、16時10分、17時15分出発です(平静30年7月現在)。

二日目に「どんぐりと山猫号」を利用すると、一日目の宮沢賢治記念館見学がダブってしまうので、一日目の宮沢賢治記念館は無しにしてもいいと思います。

3 貸し切りジャンボタクシー利用する(9人乗り)

上記のなめとこ山や山猫軒で食事を済ませてから、3時間貸し切りを利用(食事前だと食事の時間も料金に含まれるため)。

おすすめのコースを回ってくれます。この観光スポットを見学したいという希望があれば申し出たほうがよろしいです。融通が利くのが貸し切りタクシーの長所です。

私は上記にはない「羅須地人協会」をおすすめします。オルガンやマントなど賢治さんが実際に使用したものを見ることができます。

羅須地人協会冬の風景

羅須地人協会冬の風景。賢治さんの銅像は2006年に建立されました。

花巻駅近くの照井だんご店(賢治さんが作品作りに携わったお店)の経木だんごもおすすめします。

「銀河鉄道の夜」と「心象スケッチ春と修羅」、賢治さんの作品に大きく関わったお店です。

照井だんご店正面

花巻駅から徒歩で7分ほど。いかにもこの店はうまいぞという雰囲気をかもしだしています。

全国的に知られている「マルカンビル大食堂」でソフトクリームを食するのもいいでしょう。

3時間で27,000円ほど。ただし入館料などは別途必要となります。

二日目も貸し切りタクシージャンボタクシーで一日目とは異なるスポットを見学するとよろしいと思います。

または一日目に「どんぐりと山猫号」を利用、二日目に貸し切りジャンボタクシーを利用。

逆に一日目にジャンボタクシーを利用、二日目「どんぐりを山猫号」を利用するのもいいと思います。

3時間の貸し切り後、お昼をとるなら、前出のマルカンビル大食堂(過大な期待は禁物です)、そばで知られる「やぶや」、「嘉司屋」、洋食ならば白金豚のお店「ポパイ」をおすすめします。

マルカンビル大食堂

マルカンビル大食堂の窓際、大展望台食堂とも呼ばれています。

ポパイスパバーグ

花巻市若葉町「ポパイ」の白金豚を使ったハンバーク。白金豚の旨さを純粋に味わえる生姜焼きもおすすめです。

見学スポットが重ならないようにサイトで確認してください。

以上の提案を参照していただき、ご自分でサイト検索、確認されたほうがよろしいと思います。

お店はお休みがけっこうありますので、電話で確認されたほうがよろしいです。例えばやぶやは月曜休みが多い、嘉司屋とマルカンビル大食堂は水曜休みなど。

予算と時間を考えて検討していただければ幸いです。

花巻観光おすすめガイド 管理者

Follow me!