福田パン監修あんバターサンドクッキー

福田パンがクッキーになりました。

岩手、盛岡を代表する商品、今や全国区となった感がある「福田パン」

作りたてのふっくら感が特長のコッペパンで、本店はもはや名所であり、観光スポットでもあります。

盛岡市福田パン

 

なんと修学旅行のコースにも入っています。

花巻のスーパーでも実演販売があり、出来立てパンを購入できるのがうれしいです。

あんバター福田パン

実演販売の際に購入したあんバター。福田パンの定番です。

時間の経過とともに、フワフワ感が薄れて、パサパサ感が出てきてしまうので、美味しくいただくには早めに食しましょう。

日持ちがしないので、お土産としては残念ながら適さないパン(スイーツと言ってもいいでしょう)です。

福田パン監修のクッキーの誕生です。

福田パンの特長を表現し、お土産品としても喜ばれるスイーツとして誕生したのが、福田パン監修のあんバターサンドクッキーです。

あんバターサンドクッキー

福田パン監修あんバターサンドクッキー

パッケージにはお皿にのった福田パンをイメージさせるクッキー、福田パンそのものやバター、あんこの画像が掲載され、ほっとさせてくれるデザインとなっています。

パッケージの中には、ベストセラーよりロングセラーを目指すという言葉。

あんバターサンドクッキーの誕生を例えれば、岩手めんこいテレビの新人アナウンサーといったところでしょうか。岩手の高感度ナンバー1アナウンサー、米澤かおりアナのように岩手に根付いてもらいたいです。※めんこいテレビに新卒入社したアナウンサーが、何故かどんどん辞めていってしまうのが残念でした。

福田パンあんバターサンドクッキー

ベストセラーよりロングセラー

あんバターサンドクッキーの売上げの一部が、岩手の子どもたちのために使われるとのこと。

アピールすれば売上げが上昇するかもしれませんね。

あんバターサンドクッキー

エガオトイワテト福田パン

あんバターサンドクッキー購入しないわけにはいきません。

6個入りは723円。私は前沢サービスエリアで購入しました。大量に積まれていて、「あんバターサンドクッキー」という文字が目に付きました。もともと福田パンの大ファンなので購入しないわけにはいかないでしょう。

あんバターサンドクッキー

福田パン監修あんバターサンドクッキーの設置店は徐々に増えています。

あんバターサンドクッキー

6個入りと12個入りがあります。

あんバターサンドクッキー

福田パンのおじさん?キャラがいいですね。

さあ、いよいよいただきましょう。いい感じに仕上がっていますね。

あんバターサンドクッキー

サンドされているのはチョコレートです。

シャリシャリという食感が印象的です。このシャリシャリはクッキーに含まれている食材でしょうか。それともチョコレートに含まれているのでしょうか。

うん、チョコレートらしくないチョコレートがあんバターというわけですね。クッキーはふっくら感たっぷりのパン生地に該当ですね。福田パンのあんバターとは、ほぼ別物という印象を持ちました。

別物として捉えればかなり美味しいお菓子です。

福田パンのオリジナルあんバターパンを食べたことが無い方が、福田パンはこういうものなんだと思ってしまうのは、チョット残念な気がします。あくまで福田パンが大好きな一個人の意見です。

あんバターサンドクッキー

口の中でシャリシャリと美味しい音がします。

岩手を代表するサンドクッキーに「三代杉」があります。

三代杉

奥州市前沢が本店。フルールきくやを代表するスイーツ、三代杉。ちなみに上の画像は奥州ポテト。

三代杉に迫れるか

現在岩手が最も誇れるチョコレートサンドクッキーが三代杉です。

クッキーのまろやかさ、チョコレートのしなやかさ。合体した美味しさは2倍ではなく、4倍、8倍といった感じです。

フルールきくやさんも「三代杉」、「奥州ポテト」の2大銘菓を大々的にアピール。今や「JR駅」や「はなまき空港」、「サービスエリア」、「道の駅」などで取り扱うようになりました。

サービスエリアに「三代杉」と「あんバターサンドクッキー」が置いてあったら…今は三代杉を購入するでしょう。

あんバターサンドクッキーが岩手の代表するお菓子として根付くこと、ロングセラーに期待します。

Follow me!