厳美渓とサハラガラスパーク

厳美渓は岩がおりなす絶景

須川温泉を後にして一路、一関方面に向かいました。

岩手県一関市厳美渓

厳美渓の景色に釘付け

1時間強で厳美渓(げんびけい)に到着。約10年ぶりの絶景体験です。

ちなみに、舟下りで知られる猊鼻渓(げいびけい)は極めて近くにあり、地名が似ているのでよく間違えられます。

厳美渓

厳美渓は川の浸食によってできた自然の産物

厳美渓

その場所場所で様々な絶景が楽しめます。

厳美渓と言えば、空飛ぶ団子「かっこうだんご」でも知られています。

400円を籠に入れ、木槌でコンコンとたたくと籠が上昇、お店の方が団子を入れた籠が戻ってきます。お釣りも入れてくれますので、500円硬貨でも大丈夫です。

かっこうだんご

厳美渓名物 かっこうだんご

かっこうだんご

当日のみの賞味期限。団子が3本入ってお茶も3杯ついています。

かっこうだんごは、観光地の団子として有名ですが、味もなかなかです。

あんこ、胡麻、みたらしの3本。団子そのものがもっちり。それぞれ甘さ控えめで、昔から変わらぬ人気です。

かっこうだんご

あんこ、ごま、みたらしの3種類

車を厳美渓の駐車場に停め、歩いて3分ほど、サハラガラスパークに向かいます。

サハラガラスパークの駐車場は無料なので、先にサハラを見学・購入してから、歩いて厳美渓を見て回るのもありでしょう(厳美渓の駐車料金は300円なので)。

サハラガラスパークのガラスアート世界

サハラガラスパークの入り口まで、大きなガラスアートが飾られたケースが並んだストリートがあります。

まさに芸術品、ガラスの持つ神秘的魅力に引き付けられます。

サハラガラスパーク

サハラガラスパーク ストリート1

サハラガラスパーク

サハラガラスパーク ストリート2

店内は多くのガラス製品が飾られ、目を奪われてしまいます。

リーズナブルなガラス製品を3点、お土産品として購入しました。

サハラガラスパーク

サハラガラスパーク店内

50歳代には感動のウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブンシリーズ。特にセブンシリーズが好きな私は、ミクラスが…今回はあきらめます。

サハラガラスパーク

ミクラスやエレキング、メトロン星人など そそれらます。

厳美渓駐車場に戻る際、橋を挟んだ反対側(かっこうだんごの逆側)も素晴らしい景色であることが初めてわかりました。

厳美渓

橋を挟んだ反対側も絶景です。

さて、厳美渓とサハラガラスパークを後にし、花巻へ帰宅のため、一関インターへ直行です。

途中、美味しいものをいただくため、お土産品を買うため、前沢サービスエリアに寄りました。

前沢サービスエリア

前沢牛串 串やさん

前沢牛ねぎ間串は少々お高いので、前沢牛入りカレーパンと前沢牛入りハンバーガーを購入。店前のベンチでいただきました。前沢牛入りハンバーガーは、前沢牛の味がよくわからず、感想としてはまあまあ。ハンバーガーとしては普通の美味しさといったところでしょうか。モ○バーガーのほうがいいかな。

前沢牛入りハンバーグ

前沢牛入りハンバーグ

前沢牛入りカレーパンもそれほど前沢牛の味を感じませんでしたが、縦長のパン自体の味がよく、挙げ方もサクサク感たっぷり。コクのあるカレーと一体となり、美味さ炸裂でした。

前沢牛入りカレーパン

前沢牛入りカレーパン

お土産はあんバターサンドクッキー。存在自体を初めて知りました。盛岡の福田パン監修です。全国的に知られる福田パンは保存料を使用していないため、早めに食べないとパサパサと風味が落ちてしまいます。そのためお土産には適しませんが、これならお土産品としても喜ばれますね。福田パンの中で最も人気のあんバターを採用。仏壇にお供えしてから、味わいたいと思います。話のネタにもなりますね。

あんバターサンドクッキー

福田パン監修。あんバターサンドクッキー。

 

Follow me!