渡り温泉ホテルさつき日帰り入浴

渡り温泉ホテルさつきで温泉を堪能

花巻は4月半ば、一部雪が残っていて、朝の最低気温は0度前後とまだまだ寒さが続いていますが、日中は10度を超える日が増え、気候はだいぶ春めいてきました。

冬季は雪が多いため、どうしても外出する機会が減り、必要な際にのみ外出するようになります。
花巻人、東北人は春になると気分が高揚し、出かけようという気持ちが強くなってきます。

多くの温泉施設がある花巻。本日は今年初入浴、渡り温泉です。

前回も利用、読売新聞の半年契約でいただける、食事付き入浴券を利用しての日帰り入浴です。

渡り温泉ホテルさつき食事付き入浴券

渡り温泉ホテルさつき食事付き入浴券

渡り温泉は2つの施設、「ホテルさつき」と「別邸楓」から成っています。通常の走行コースは志戸平温泉を過ぎ、大沢温泉の手前「渡り温泉」の看板を左に曲がります。

花巻在住の人であれば、志戸平温泉を過ぎ、デイリーストアの2つ目の角を曲がる近道を通る方が多いと思います(渡り温泉の看板は出ていません)。

渡り温泉への近道

渡り温泉への近道 周辺にはホテル志戸平や游泉志だてがあります。

前回もホテルさつきの食事券入浴券でしたが、ホテルの都合で「さつき」での入浴ができなかったため、隣の「別邸楓」で入浴させていただきました。

楓(かえで)での入浴も大変良かったのですが、本日は通常通り「ホテルさつき」での入浴を楽しみましょう。

渡り温泉ホテルさつき正面

渡り温泉「ホテルさつき」正面。写ってはいませんが、向かって左側に「別邸楓」があります。

ホテルさつき玄関口

カエルもお出迎え、ホテルさつき玄関口

スリッパに履き替え、フロントで入浴券を提示。丁寧に大浴場と食事処を案内していただきました。

ホテルさつき施設内

ホテルさつきの施設内はシンプルで清潔感があります。

エレベーターで大浴場のある地下1階へ。手前が男性大浴場、奥が女性大浴場となっています。

渡り温泉ホテルさつき大浴場

奥が女性大浴場

ホテルさつきの大浴場は「かわせみの湯」と呼ばれています。

渡り温泉ホテルさつき男性大浴場

手前が男性大浴場

私がのれんをくぐったのは11時15分頃。11時から日帰り入浴可能で、既にお一人利用されていました。出るまで私を入れて5人ほどの出入りでしたので、ゆったりと入浴することができました。

渡り温泉ホテルかわせみの湯

広々した更衣所と洗面所。更衣室からの景色も良好です。

ホテルさつきの露天風呂は広々ぬるめ

露天風呂大好きの私はいつも通り、露天風呂から入ります。内風呂からは行けませんので、更衣室から直接行くことになります。横に広い露天風呂ですね。

渡り温泉ホテルさつき露天風呂

石の彫刻のような露天風呂。ぬる目なので肩までつかり、ゆったり時間を楽しみます。

しっかりとした鳥居型の屋根がかかっています。目を閉じると木漏れ日の光を感じて眠くなってきます。目を開けると、これから色づいてくるであろう山の景色がやさしく入ってきます。

渡り温泉ホテルさつき露天風呂からの風景

しっかりと鳥居型の屋根もあり、木漏れ日を感じて入る露天は最高です。

風は木々がほんの少し揺れる程度。肩まで浸かり、顔だけ出しても寒くない、絶好の入浴日和です。

ホテルさつきの露天風呂

あふれる出るお湯、お湯、お湯。

露天風呂から眺める景色は雄大。四季折々の色が楽しめそうです。

露天風呂からの景色

一冬を越えて、緑の美しい季節がやってきます。

ホテルさつきでは、日帰り入浴時間帯でもサウナを楽しめます。サウナも比較的温度が低い設定です。
まあ、耐えられず5分ほどで出てしまいましたが……。

かわせみの湯のサウナ

サウナも楽しめます。10人ほどは入れそうです。

内風呂はちょうど良い大きさで、露天より少し熱い程度。ややぬる目です。洗身場のお湯が出るボタンを押すと洗面器のお湯が一杯になるまで3回押す必要があるので、1回でもう少しお湯が出ればいいですね。

かわせみの湯

かわせみの湯 内風呂も比較的ぬる目です。

入浴後の食事は、施設内のお食事処「すいせん」でいただきます。場所を探していると再度フロントの方が丁寧に教えてくれました。ありがとうございました。

渡り温泉ホテルさつき 食事処「すいせん」

食事処「すいせん」

ラーメン、そば、うどんの中から選択できます。

かみさんは三陸そばを、私は月見そばをお願いしました。ちなみに通常価格は670円です。

渡り温泉ホテルさつき すいせんの月見そば

すいせんの「月見そば」

スープの味は旨味たっぷりで、風呂上がりの身体にはやさしくしみ込みます。美味しくいただきました。

渡り温泉ホテルさつき すいせんの三陸そば

すいせんの「三陸そば」

三陸そばは、岩のりとしらすが特長です。こちらも旨味たっぷり、磯臭さは一切なく美味しくいただきました。

再度、読売新聞さんと半年契約しましたので、また入浴できますね。

花巻市渡り温泉

 

 

Follow me!