マルカンのカツカレーを食す

マルカン大食堂再開からもうすぐ1年が経過。

2017年2月20日、マルカン大食堂再開。1年が経過しようとしています。

以前と較べて変わったこと、進化したこと

  1. もっとも変わったのは従業員の接遇が素晴らしく良くなったこと。本日も南口から入りましたが、ちょうど従業員が外にでるところ。必ず譲って「いらっしゃいませ」と挨拶をしてくれます。食堂でも一人の従業員が「いらっしゃいませ」と挨拶すると次々を大きな声で「いらっしゃいませ」が聞こえてきます。帰る際も一人の従業員が「ありがとうございました」と利用へのお礼の挨拶をすると次々と「ありがとうございました」と聞こえてきます。実に気持ちに良い接遇です。
  2. 男性一人(私もそうです)、女性一人で来店する方、スーツ姿の方、何となく遠方からいらっしゃったのではないかと思われる方(県外ナンバーの車も多いです)、メディアで取り上げられたためか客層が少し異なった気がします。長靴やジャージ姿で来る地元の方ももちろん多いです。素朴さ、気軽さ、美味しさは変わらないマルカンビル大食堂です。
  3. 自動駐車場となったこと。以前は名物おじさんたちが車の誘導をしていましたが、現在は自動駐車場となり、1,000円以上の購入で30分無料の駐車券が発行されます。大体は100円追加で駐車場が利用できます。一人で来店した場合、1,000円以上遣うのはなかなか難しいですね。
マルカンビル駐車場

マルカンビル南側、数ある駐車場の中で最も近い駐車場です。

再開から1年経過、駐車場も13時を過ぎると空きが出てきます。再開当初がメディアも含めて過熱気味だったので、ここにきて落ち着きを取り戻しているように思います。駐車場は増加、駐車までの待ち時間も少なく、6階に着いてもそれほで待つこと無く好きなメニューを食することができます。

 

1階も模様替え

マルカンビルは6階の大食堂とともに1階にはくつろぎのスペースがあります。

マルカンビル1階

マルカンビル1階。売り場が模様替えされ、以前エレベーター前に設置されていたソフトちゃんも移動しました。

マルカンビルコーヒーコーナー

北側から入るとコーヒーコーナーと休憩コーナーがあります。

以前はランチコーナーや小物売場に多くのスペースをとっていたのですが、現在も小物売場はあるものの、喫茶コーナーと休憩コーナーを中心に商品を絞っての営業となっています。

運動のため階段を使用していたのですが、南側の階段は使用できないようなので、直通エレベーターで大食堂に向かいます。
13時を過ぎましたが、食券売り場はご覧の通り、混雑しています。
皆さん、メニューケースを真剣に見て、何を食べるか嬉しそうに迷っています。

マルカンビル大食堂食券販売

13時をまわりましたが、食券売り場は混雑しています。

本日の私の選択は「カツカレー」。男性であれば若い頃からガッツリ食べたいメニューのひとつですね。私も若い頃から大好きなメニューでした。カレーも食べられ、更にトンカツも食べられるという一般的な自宅の食卓ではなかなかお目にかかれない憧れのカツカレーですが、年齢を重ねるとガッツリ系をお店で頼むことも少なっていました。今日は食うぞ~

マルカンビル大食堂カツカレー

カツカレーの半券とレシート、630円なり。

 

マルカン大食堂、大展望の面目躍如です。

何年ぶりかは記憶にありませんが、久しぶりに窓際の席を確保しました。花巻市内を一望できる大展望台は名前負けしないダイナミックさがあります。

マルカンビル大食堂展望台

マルカンビル大食堂は展望台と言うだけあって、窓際の席の人気が高いです。

18番は北側です。ちなみに私が食べ終わって席を立つやいなや、サラリーマン風のお二人が「おっ、そこ空いたぞ」と近づいてきました。

マルカンビル大食堂展望台席

18番は北側窓際の席。花巻中心地が一望できます。

前回の投稿で紹介した舘坂が一望できます。花巻は坂が多いので、ロードヒーティングとなっている道路が多くなりました。昔は凍結路面のため、よく車が止まってしまい、渋滞となりました。今は本当に助かります。ちなみに雪のため、車が前にも後ろにも動けなくなる状態を岩手弁で「ねこまる」と言います。

舘坂の眺め

マルカンビルから花城マンションまで(通称舘坂)の爽快な眺め。

さて、食券を係の方に渡し、待つこと4分。ファーストフード並の速さでカツカレーの登場です。お昼のピーク時刻を過ぎたこと、カレーは鍋でたっぷり作られていること(おそらく)、カツも揚げるだけになっていたこと(おそらく)で、びっくりするほど早い登場となったのでしょう。

マルカンビル大食堂カツカレー

昔ながらのカレーライス、黄色いカレーです。

特長は黄色、じゃが芋が原型を少し崩した感じで溶け込み、じゃが芋カレーの美味さが際立っています。人参や玉ねぎも入っているのでしょうが、おそらく溶け込んで旨味となっているのでしょう。カレーに入っている肉はポークでしょうか。すいません、味覚音痴なもので。何でも美味しく感じてしまう、ある意味幸せな舌です。

マルカンビル大食堂カツカレー

カツカレーにはソースをかけていただきました。

トンカツは薄くもなく厚くもなく、高齢者でも女性でも食べられる一口サイズです。カレーとカツの相性はなぜこんなにいいのか、発明した方に拍手です。ご飯は私好みのやや固め、オーソドックスに福神漬けが添えられています。実はらっきょうも甲乙つけがたいほど大好きですが、カレー専門店でもない限り、一般的には福神漬けでしょう。

はい、見事に完食です。カレーの早食い大会があったら大食い王にも負けないと思います。

マルカンビル大食堂カツカレー

カツカレー完食の図。

厨房を少し覗いて帰ります。以前から作る様子が見える厨房、変わらずオープン化しています。

マルカンビル大食堂厨房

マルカンビル大食堂の厨房。手際よく、ソフトクリームを詰めていました。

オムライス復活?

帰路につこうとエレベーター乗り場まで来て、何気なくメニューケースを見ると、「あれっ?」。かつてあって、再開時はおそらくなかった「オムライス」があるではないですか。気づきませんでした。

マルカンビル大食堂オムライス

待望のオムライス登場です。

以前は良くいただきました。専門店の上品な味付けより、やや濃い目の美味さを味わいたい方にはおすすめです。味はおそらく変わっていないでしょう。次回は是非いただきたいと思います。チキンライスやハムエッグもあったかなあ?

花巻市上町マルカンビル大食堂

Follow me!