花巻は温泉の街。

個性あふれる癒やしの温泉が揃っています。

西に位置するのが花巻南温泉峡。

トロン温泉、悠の湯、志戸平温泉、渡り温泉、大沢温泉、山の神温泉、鉛温泉、新鉛温泉。一般的に花巻南温泉峡とよばれています。

北に位置するのが佳松園、ホテル千秋閣、ホテル花巻、ホテル紅葉館から成る花巻温泉を中心とした以下の温泉。

金矢温泉、台温泉、花巻温泉、廣美亭、新花巻温泉、ひまわり温泉。

東に位置するのが東和温泉。

温泉施設の魅力は、食事や行事、接客、お部屋の環境など様々ありますが、今回のランキングはお風呂を対象といたします。
私は花巻温泉郷の全ての旅館に泊まったわけではありませんので、日帰り温泉での体験、宿泊時に体験したお風呂を判断材料といたしました。

1位 山の神温泉 優香苑

和洋折衷的な昭和モダンの建物が、山の神温泉優香苑(ゆうかえん)です。

山の神温泉優香苑

思わず見入ってしまう雰囲気のある建物 優香苑です。

露天風呂の開放感、広々感、ゆったり感が群を抜いています。

お湯に浸かり、目を閉じると感じる陽の光。

懐かしささえ感じる赤い光が、俗世間の嫌なことを忘れさせてくれる、決して大げさではないそんな温泉です。

山の神温泉優香苑露天風呂

花巻では最大級 山の神温泉優香苑露天風呂

露天風呂端の石に上がると、脇を流れる豊沢川、春は緑に、秋は紅葉に癒やされます。

ぬる目のお湯が好きな方にはたまらないお湯です。内風呂はやや熱めになっています。

内湯から露天風呂まで、露天風呂内は石で覆われています。それが魅力でもありますが、よろけてしまうこともあるので手すりの使用をおすすめします。

山の神温泉優香苑

山の神温泉優香苑露天風呂 ぬる目のお湯が身体を、心を癒やしてくれます。

優香苑にはお風呂が2ヶ所。以上は「とよさわの湯」の紹介。「こもれびの湯」はとよさわの湯よりスモールサイズですが、開放感はなかなかです。

JAF割引や回数券があります。

花巻市下シ沢山の神温泉優香苑

2位 大沢温泉

大沢温泉山水閣

花巻南温泉峡の中でもよく知られているのが、大沢温泉。

山水閣は部屋食や接客で温泉旅館の醍醐味を味あわせてくれます。

湯治屋はその名の通り、長期の湯治に最適です。

かわぶき屋根の菊水館。懐かしさを感じます。

お風呂は多種多様。山水の湯、豊沢の湯、薬師の湯、かわべの湯(女性専用)、南部の湯、そして混浴大露天風呂の大沢の湯。

大沢温泉山水閣

山水閣に宿泊した方のみが利用できる山水の湯。

混浴大露天風呂の大沢の湯は、脱衣所からすぐお湯に入れる熱いお湯、お湯に浸かりながらの風景が魅力です。昔からほとんど変わっていません。身体も洗いづらいので、純粋にお湯と景色を楽しむために利用しましょう。

日帰りのオススメは、豊沢の湯。半露天という、夏は窓を開放、冬は窓を締め切ります。締め切っても隙間から冷たい風を感じますが、その風を避けてどっぷり浸かるのが醍醐味です。

大沢温泉湯治屋

公式サイト 千二百年の湯巡り大沢温泉

回数券がお得です。

花巻市大沢温泉

3位 渡り温泉 別館楓

渡り温泉別邸楓渡り温泉は、「ホテルさつき」と「別邸楓」という2つの施設からなっています。

日帰り温泉は通常「ホテルさつき」のみですが、何らかの理由で「ホテルさつき」が利用できない場合に、入浴可能となっています。

内湯はお湯がこれでもかという位、あふれ出ています。

まさしく、花巻南温泉峡のお湯の醍醐味を味あわせてくれます。

渡り温泉別邸楓露天風呂もご覧の通り、木や屋根の隙間からのこもれびが、日頃の疲れを癒やしてくれるように差し込んできます。

露天風呂の中にさらに露天風呂が!

青森ヒバを使用した木製の露天風呂が、露天風呂好きをさらに楽しませてくれます。

内湯はやや熱め、露天風呂はややぬる目、ヒバ使用の露天風呂は更にぬる目となっていて、いつまでも浸かってしまいそうが気分です。

渡り温泉別邸楓

渡り温泉公式サイト 花巻南温泉峡渡り温泉

花巻市渡り温泉

 

4位 新花巻温泉 柘榴園 華陀の湯

新花巻温泉柘榴華陀の湯しんはなまきおんせん ざくろえん かだのゆ。

以前は新湯本温泉湧勢閣という名称で、すべすべとしたお湯が特長のきれいなお湯で人気がありましたが、諸事情で廃業となり、残念に思っていました。

その施設を利用し、2016年に生まれ変わってオープンしたのが、新花巻温泉柘榴園華陀の湯です。

 

新花巻温泉柘榴華陀の湯体を洗っても洗っても、「あれっ?」と首をひねりたくなるほど、普通の温泉とは明らかに異なる泉質です。

お湯のスベスベ感、いつまでも続くしっとり感は変わっていません。

 

 

新花巻温泉柘榴華陀の湯うれしい限りです。

露天風呂から眺める、自然豊かな花巻の風景に心癒されます。

公式サイト 新花巻温泉柘榴華陀の湯

花巻市糠塚新花巻温泉柘榴華陀の湯

 

5位 悠の湯 風の季

悠の湯風の季はるかのゆ かぜのとき。

以前は松倉温泉水松園という名称でしたが、現名称となり、旅館とリゾートホテルの中間的な位置として、お風呂、食事が充実、人気の温泉となっています。

私が宿泊した際は、部屋の蛍光灯にカメムシが…。係の人がガムテープでとってくれました。微笑ましい光景の範囲でしょう(笑)。

悠の湯風の季

食事は、花巻名物白金豚をメインに、秋なので松茸ごはんも食すことができて大満足、食事会場の雰囲気もいいですね。

お風呂は3つに分かれています。

内風呂。半露天風呂。露天風呂。

露天風呂は温め。下からクマが出てきそうなほど(笑)、自然豊かな場所です。

悠の湯風の季

なかなかいいのが半露天風呂。暑さもちょうどよく、爽やかな風が顔を通り過ぎていきます(画像2番目)。

公式サイト 悠の湯風の季

花巻市湯口松原悠の湯風の季

 

 

6位 花巻温泉 佳松園

かしょうえん。

花巻温泉の中で、最も高い接遇を提供してくれる、皇室関係者も宿泊する、料理とお風呂、そして落ち着いた和風の雰囲気が素晴らしい施設です。

お湯にもこだわりがあります。

「肌にしみこむ化粧水のような、とろとろの湯」じゃらんから 花巻温泉佳松園のお湯紹介

花巻温泉佳松園残念ながら、日帰り入浴には対応していません。

宿泊の場合、または法事などで利用した場合に利用できます。私も、法事の際に利用しました。

親類の男性によると、花巻温泉の他のホテルは台温泉からお湯がひかれていて、それほで温泉であることを感じられないが、佳松園だけはとろとろスベスベの湯であり、おすすめだと語っていたので、「法事に入浴してもどうなのかな」と思いつつ、せっかくなので、入浴。

まさしく、スベスベトロトロのお湯でした。

画像がないので、公式サイトから 花巻温泉 佳松園大浴場「とろとろの湯」とろとろの湯はパノラマで見ることができます。

ひのき露天風呂、極楽極楽ですね。

花巻市湯本花巻温泉佳松園

7位 新鉛温泉 愛隣館

新鉛温泉愛隣館花巻南温泉峡で、最も西に位置するのが新鉛温泉愛隣館です。

花巻南ICから車で約25分、時間をかけても訪れる価値がある温泉施設です。

お風呂はとにかく広い! 露天風呂も多種多様で、個性的。ユニークです。

 

露天風呂には「当館のお風呂はとっても気持ち新鉛温泉愛隣館が良いので落ち葉や虫たちもつい長湯をしがちです。どうか心やさしいお方の手で外に出してあげてください」。

脇を豊沢川が流れ、四季折々の景色を楽しめます。

花巻南温泉峡、更には花巻と沢内地区を結ぶ別名「銀河なめとこ山ライン」は、特に紅葉がきれいで、人気があります。

新鉛温泉愛隣館

愛隣館周辺も赤と黄色のコントラストが目にやさしく、心癒してくれます。

ネットからクーポン券がゲットできます。

大人850円→650円、お得ですね。

公式サイト 部屋食かまど料理と17の温泉が評判 新鉛温泉愛隣館

新鉛温泉愛隣館

花巻市新鉛温泉愛隣館

8位 花と緑とやすらぎの湯 東和温泉

東和温泉東和温泉は花巻市の東側、東和町にあります。

東和町は平成18年花巻市と合併、現在にいたります。

花巻市街地から車で18分程度。花巻南温泉峡や花巻温泉とほぼ同じ程度の距離にありますので、比較的訪れやすい施設です。

日帰り温泉は、2つの異なる施設(サウナやジャグジー、薬湯などが個性的)であるため、男女の入浴日が入れ替わります。

露天風呂は屋根がついていますので、雨の日でも安心。もともと裸ですから、雨に打たれるのが快感とも言えます(笑)。
雨の露天風呂は雨が草を叩く音と雨独特の潤いにも似た匂いがあり、個人的には好きですね。

何度か利用してみて、ゆったり、長い時間入っていたい温泉であることを実感しています。

公式サイト 花と緑と安らぎの湯 東和温泉

花巻市東和町東和温泉

9位 台温泉 精華の湯

精華の湯台温泉は懐かしさを感じる小~中規模クラスの温泉旅館が立ち並ぶ「ひなびた」という言葉が当てはまる温泉街です。

その中のひとつ、精華の湯(せいかのゆ)は日帰り専用の温泉です。

内湯のみで、熱いお湯がふんだんに溢れています。

 

精華の湯

熱いお湯が苦手な人のために、湯船が2つに別れ、普通の温度のお湯も用意してあります。

他の温泉ではそれほどでもしない、温泉独特のいい匂いもします。

隣接する手打ちそばの評価も高いです。

公式サイト 日帰り温泉精華の湯/蕎麦房かみや

花巻市台精華の湯

10位 志戸平温泉 ホテル志戸平

ホテル志戸平志戸平温泉は花巻南ICから車で約15分、プールもある大型のホテルです。

ちなみに志戸平温泉には「游泉志だて」という大人のリゾートホテルがコンセプト、ハイグレードな露天風呂客室の温泉旅館があります。

ホテル志戸平の「天河の湯」の内風呂は大きく、長く、窓から豊沢川の望める、開放感が抜群です。

「天河の湯」の露天風呂は目の前が豊沢川が流れ、四季の美しい風景がうれしい自然豊から露天風呂です。

もう一つの露天風呂が「渓流露天風呂」。かつては千人風呂と呼ばれていましたが、未だに千人風呂という馴染みのある名称で呼ぶ人が多いです。

こちらも豊沢川渓流の風情、昔ながらの秘湯的な雰囲気を味合うことができます。

公式サイト 湯の杜ホテル志戸平

花巻市湯口ホテル志戸平