「花巻まつり」は花巻最大の集客数の年に1度のイベント。

賢治さんの作品を披露する「賢治祭」、わんこそば全日本大会、全国泣き相撲大会、金勢祭りなど個性的な祭りが勢揃い。

光太郎先生を偲ぶ「高村祭」、「早池峰神楽公演」、「蘇民祭」など、花巻に来ればいいことがあります。

1位 花巻まつり

花巻まつり山車パレード

風流山車は花巻まつりの一番の目玉です

花巻まつりは、毎年9月の第2土曜日を中日とした金・土・日が開催日です。400年以上続く、伝統ある市民参加型の祭りです。

「風流山車(ふうりゅうだし)」は、華やかで優美かつ豪快さがあります。独特の花巻囃子に合わせて市内を練り歩く姿は、昔から変わらず、花巻市民及び観光客を楽しませてくれます。

「神輿(みこし)」。花巻出身者は神輿を担ぐために帰省します。それほどまでに祭り好き、神輿好きなのです。神輿に酒樽をのせて担ぐ「樽神輿」は花巻独特のもの。一日担ぐとヘロヘロですが、満足です。

花巻まつり神輿パレード

花巻の中心街上町での神輿パレード

「鹿踊(ししおどり)」は、岩手を代表する郷土芸能です。隣の北上市の鬼剣舞(おにけんばい)とよく比較されます。鹿の面をつけ、鹿の姿をした太鼓の音に合わせて踊る姿は、壮観。賢治さんが教壇に立った花巻農業高校には「鹿踊り部」があり、賢治祭でも披露されます。

「神楽権現舞(かぐらごんげんまい)」。祭神の権化である獅子頭を捧持し、舞うことにより、社会安穏、五穀豊穣を祈念します。

「花巻ばやし」。花巻の千人ほどのご婦人たちが花巻囃子の音に合わせて、一斉に踊る姿は艶やかで、キリッと輝いています。

花巻まつり鹿踊り

豪快勇壮な鹿踊り

 

 

 

 

 

 

 

花巻まつり花巻ばやし

ベテランから若手まで花巻ばやし

2位 賢治祭

賢治祭

賢治祭は賢治詩碑前で行われます。

賢治さんの命日である9月21日に、毎年開催されます。

賢治さんを慕う方、賢治さんの作品を愛する方が、遠くは九州からいらっしゃり、賢治さんを偲びます。

開催場所は、賢治さんと交流のあった高村光太郎さんが製作した花巻市桜町の賢治詩碑前です。

感動するのは、詩の朗読。中学生・高校生の抑揚のある語り方には本当に心がこもっています。

高校生の担当パートがほぼ決まっていて、合唱は花巻北高等学校が踊りを交え、個性的演出で楽しませてくれます。

賢治祭詩の朗読

中学生の詩の朗読

演劇は花巻南高等学校が担当、賢治さん作品の中からその年の出し物を決めて上演、高校生らしくかつ高校生以上の演技力に魅了されます。

鹿踊り(ししおどり)は、賢治さんが教鞭をとっていた花巻農業高校鹿踊り部が担当。一番庭、二番庭、鉄砲踊、屋形踊などたくさんの曲の中から一曲を選択、伝統の踊りを披露、鹿踊りの醍醐味を味あわせてくれます。

参加者全員で「星めぐりの歌」や「精神歌」を歌った後、賢治さんを偲んで座談会が行われます。

賢治さんを愛する方なら一度は足を運んでみたい祭りではないでしょうか。

賢治祭詩の朗読

高校生の詩の朗読

 

 

 

 

 

 

 

賢治祭合唱

高校生による合唱

 

花巻市桜町賢治詩碑

3位 全国泣き相撲大会

三熊野神社毘沙門堂

泣き相撲が行われる三熊野神社毘沙門堂

毎年ゴールデンウィーク(5月3日~5日が多い)に、花巻市東和町の三熊野神社毘沙門堂境内で開催されます。

子供が健やかに育っていくことを願って、地元はもちろん、全国各地から参加希望があります。

赤ちゃんが土俵に上がり、「よっよっ」という掛け声とともに顔を近づけます。

全国では泣いたほうが勝ちという泣き相撲もあるようですが、花巻きでは泣いたほうが負けとなります。

 

全国泣き相撲大会

泣いたほうが負け(画像提供花巻市)

お父さん、お母さんはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんも力が入り、盛り上がります。

三熊野神社土俵

三熊野神社の土俵

 

 

 

 

 

 

花巻市東和町三熊野神社

 

4位 わんこそば全日本大会

元祖わんこそば全日本大会

けけけ(食え食え食え)元祖わんこそば全日本大会

花巻はわんこそば発祥の地。

花巻では、語尾に「こ」をつけることがよくあります。いわゆる花巻弁ですね。お店のことを「みせっこ」、犬のことを「いぬっこ」など。

わんこそばの「わんこ」もおわんに花巻弁の語尾「こ」をつけ、「わんこそば」という名称になったと言われています。南部のお殿様が花巻城に立ち寄った際におわんに一口分だけの蕎麦を出したら、美味い美味いと何杯もおかわりしたらしいです(諸説あり)。

 

わんこそば全日本大会小学生の部

小学生の部は父兄の応援が大盛り上がり

盛岡でもわんこそばの全国大会が開かれますが、盛岡は「全日本わんこそば選手権」が正式名称で毎年11月上旬に開催されます。

花巻大会の名称は「元祖!わんこそば全日本大会」。元祖をつけるところが盛岡大会への対応意識の表れ?

毎年2月11日建国記念の日に花巻市文化会館で開かれます。

10時頃からオープニング、10時半頃から競技開始。小学生の部から始まり、わんこそば甲子園(中学生・高校生)、団体の部、個人の部、郷土芸能などをはさんで、午後4時頃までほぼ終日続きます。

わんこそば甲子園

わんこそば甲子園

父兄の応援、会社の応援も異常なほど盛り上がる、楽しい行事です。

わんこそば全日本大会

横綱は軽く100杯(かけ蕎麦で10杯程)を超えます。

 

5位 金勢まつり

金勢まつり

東北にうれしい春がきた桜満開の時期の行事

こんせいまつり。

毎年4月29日、大沢温泉大露天風呂大沢の湯で行われるユニークな儀式です。

大沢温泉と山の神温泉の間に大沢金勢神社の看板があり、その奥の金勢神社に御神体が奉納されています。

その御神体が年に1度下山してお披露目、大沢の湯で御神体を洗い清め、子宝を祈念しようというお祭りです。

 

金勢まつり

金勢神社から大沢温泉に運ばれます。

参加者は女性限定。全国各地から希望者が殺到します。

参加者の何とも言えない笑顔、嬉し楽しい行事ですね。

テレビの旅番組でも何度か紹介されている個性的で笑いが絶えないお祭りです。

画像は花巻市からの提供です。

 

 

 

 

金勢まつり

縁結び、子宝、安産を祈念します。

 

 

 

 

花巻市大沢温泉大沢の湯