元祖わんこそば第60回全日本大会

わんこそば全日本大会、60回目の開催です。

毎年2月、建国記念の日に開催されるわんこそば全日本大会

盛岡と花巻では名称が異なり、盛岡は「全日本わんこそば選手権」。毎年11月上旬に開催されます。

花巻の大会は「元祖」が付きます。元祖わんこそば全日本大会です。

2018年は第60回の記念大会として開催されました。

第60回元祖全日本大会

元祖わんこそば全日本大会は今年も花巻市文化会館で行われます。

自宅から10分ほど歩いて、開催場所である花巻市文化会館に10時頃到着。既に駐車場は満杯です。8時頃到着しないと駐車場に停められません。

会館内では、ゆるキャラグランプリ企業の部全国8位、花巻温泉公式キャラクターフクローが登場、花を添えます。

花巻温泉公式キャラクターフクロー

花巻温泉公式キャラクターフクローがお出迎えです。

文化会館大ホールまでの階段には、わんこそば全日本大会の歴史(第1回からしばらくは嘉司屋で開催されました)。そば好きだった宮沢賢治さんがやぶ屋に通って天ぷらそばとサイダーを注文していたことなど、そばやわんこそば全日本大会に関する情報ボードが設置されています。

第60回わんこそば全日本大会

わんこそば全日本大会の歴史、そばと偉人との関係を解説しています。

最上階には歴代の横綱の氏名が掲載されています。歴代最高記録は258杯です。

元祖わんこそば全日本大会

わんこそば全日本大会歴代横綱の氏名が網羅されています。

司会はいつものお二人です。今年もオープニングムービーからスタートです。

大画面の迫力ある動画が流されます。

元祖わんこそば全日本大会

60回の記念大会はオープニングムービーでスタートです。

わんこそば全日本大会

THIS IS WANKOSOBA これがわんこそばです。

わんこそば全日本大会

有名なわんこそば誕生の由来です。

わんこそば全日本大会開会式

戦国時代をイメージした迫力のオープニングムービーが終了すると、開会式です。花巻市長の挨拶、今年は60回の節目であり、個人の部では国内外の予選を勝ち上がった、台湾や香港の代表も参加、国際色豊かな大会ということです。

わんこそば全日本大会

わんこそば全日本大会開会式 上田東一市長は右から3番目

わんこそば全日本大会

選手宣誓は小学校の部の3人です。

わんこそば全日本大会競技開始です。

まずは小学生の部から。小学生の部は特に父兄の応援、声援が館内に大きく響きます。

給仕である地元高校生との呼吸が大事です。

わんこそば全日本大会小学生の部

わんこそば全日本大会は小学生の部からスタートです。

わんこそば全日本大会は行司が重要なポジションをしめます。「はっけよい」、「食え食え」、「頑張れ」の声で普段以上の力が出るかは…あるかもしれません。

わんこそば全日本大会

「はっけよい」行司の意気盛んな声が響きます。

わんこそば全日本大会

ステージ右側のカウント表示。何杯食べたか観客席から分かるようになっています。

2階中ホールでは、わんこそば体験ができます。長い行列ができていました。

わんこそば全日本大会わんこ体験

わんこそばの体験ができます。

わんこそば全日本大会は、団体の部、アナウンサーの部、個人の部と続きます。

私事ながら午後からの同窓生の歳祝い出席のため、本日は11時でいったん帰宅です。

尚、個人の部優勝者は4連覇中の神奈川からいらっしゃた方で、253杯で5連覇達成です。

花巻市若葉町文化会館

Follow me!