花巻にウマイものあり。ジンギスカンのみやかわ。

花巻に、うまいジンギスカンを食べさせてくれる、「宮川ジンギスカン」さんというジンギスカン専門のお店があります。

お店は初代のご主人夫婦から二代目の息子さん夫婦が引き継いでいらっしゃいます。

11月上旬ですが、6時ともなるとあたりは真っ暗です。
近くに「ベルプラス桜木町」というスーパーがありますので、わかりやすいですね。
我が家はいつもベルプラスさんの駐車場に車を停めますが、帰りに買い物をしていくので、セーフでしょう(笑い)。

みやかわジンギスカンみやかわジンギスカン

店内は6つのテーブル席があり、金・土曜日は満席となることが多く、予約したほうが間違いなく席に着くことができます。

みやかわジンギスカンみやかわジンギスカン

2017年から西武のレギュラ―に定着した西崎修汰選手(花巻・富士大学出身)の色紙など有名人も多数訪れていますね。

みやかわジンギスカンみやかわジンギスカンこれで2人前です(1人前700円)。野菜は白菜。先代の時代から試行錯誤の末、白菜がベストということになったということです。隣がスーパーなので、白菜やビールは無くなってもすぐ購入できるらしいです(スーパーでよくご主人を見かけます)。玉ねぎやなす、ピーマンなどの野菜持ち込みもできますが、もやしだけはご勘弁とのこと。水分が大量に出て、ジンギスカン鍋を洗うのにかなり難儀するかららしいです。

みやかわジンギスカンみやかわジンギスカン

白菜の芯を鍋の周りにしき、徐々に白菜の葉、肉と焼いていきます。初めての方でも分かるように焼き方が掲示してありますし、気さくに応えてくれるご夫婦ですので、安心です。

みやかわジンギスカン

肉の両面が焼きあがりました。牛肉と違い、赤い部分がなくなるまで焼いたほうがいいですね。
ではいただきましょう。
みやかわジンギスカン

これがタレに入れるニンニクです。旨味を出すため、スプーン2杯と言いたいところですが、次の日が休日でない限りはスプーン1杯のほうがよろしいと思います。旨味も強烈ですが、ニオイも強烈です。

みやかわジンギスカンみやかわジンギスカンたれ

ご主人が話されていましたが、肉を褒められるのもうれしいが、やはりタレを褒められたほうがうれしいそうです。
タレが美味しくないと肉の美味さも半減。
みやかわジンギスカンの美味しさはタレの美味さでもっていると言っても過言ではないでしょう。

みやかわジンギスカン

肉とビールも合いますが、どうしても欲しくなるのがご飯です。
ご飯が無い場合もあるので、毎回持ち込んでいます。持ち込みOKです。最初の画像にも「おにぎり持参でどうぞ」とあるのがうれしいですね。

この日は、ジンギスカン4人前(2皿)とビール中瓶、ウーロン茶をいただいて、合計3,600円でした。
2人でもう1皿いけそうでしたが、美味しいものは、ほどほどがいいですね。

大満足のジンギスカンのゆうべでした。我が家とお店は徒歩で7分ほど。1年に3~4回訪れます。

みやかわジンギスカン

尚、今回はいただきませんでしたが、焼酎の梅割りもおすすめです。
更には、残ったタレにお湯を入れていただく「タレのお湯割り」は超おすすめですが、次の日まで確実にニオイが残りますので、その覚悟でどうぞ。

みやかわジンギスカンさん、花巻市民に愛されるお店のひとつです。

岩手県花巻市桜木町2-24

Follow me!